Home / Seagaia meeting 2019 in Miyazaki

sign.jpg

ようこそ Seagaia meeting 2019へ

シーガイアミーティングは平成7年(1995年)より電子カルテの実現に向けての議論を始め、データ連携のための規格としてMMLの開発が進められるなどの成果をあげてきました。

平成18年(2006年)からはEHR構築に向けての研究を始めました。その成果としての千年カルテプロジェクトの運用も本格的に始まり、二次利用に向けての準備も整ってきました。

しかしながら、いまだ解決すべき課題も残されています。電子カルテや周辺システムに保存されているデータが、十分に構造化されていないために質の良いデータが取得できないという問題も明らかとなりました。人工知能、機械学習を有効に活用していくためにはデータの量だけではなく質も求められます。EHRを活用していくためには安定して利用できるAPIも必要です。

より広い範囲でデータを収集し、臨床の現場や研究に向けて活用していくためには千年カルテだけではなく、医療情報システム全体がより進歩していかなければなりません。

新時代の始まりに際して電子カルテやEHRの果たすべき役割や課題について改めて議論するためSeagaia2019を企画しました。幅広い議論を交わすため、みなさまのご参加をお待ちしております。

お知らせ

2019.3.4
プログラムを公開および、参加申し込み受付を開始しました。
2019.2.27
会議日程が変更になりました。5/31-6/1となります。ご迷惑をおかけしますが、どうぞお間違いのないようお願いいたします。
2019.02.01

会議概要

会議名称:
Seagaia Meeting 2019

会議日程:
2019年5月31日(金)
12:30〜受付開始 13:0017:00 プログラマズキャンプ
2019年6月1日(土)
09:3017:00 全体討論(会議終了後 懇談会)

参加予定者数:約60名

会議開催地:
宮崎シーガイアリゾート ヒムカセンター2F会議場(宮崎県宮崎市山崎町浜山)

会議テーマ:そろそろ電子カルテ1.0の話をしよう

参加費用:
MedXMLコンソーシアム会員/日本医療ネットワーク協会会員 10,000円
会員以外 20,000円

主 催: MedXMLコンソーシアム/共催:日本医療ネットワーク協会